ここでは脱毛クリームを使用する際の注意についてご案内しています。
脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられる

脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられる



脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられるブログ:18年05月11日


プロテイン減量というのは、
やり方によって減量効果が
大きく異なってしまうようです。

と言うのも…
プロテイン減量は
「置き換え減量」となっています。

一日3食のうちの1食を
プロテインで代替することで摂取カロリーを減らすことで
痩せるという減量法です。

確かに、
手軽に摂取カロリーを減らすことができるので
痩せるのは痩せるのですが、
このやり方では確実にリバウンドします。

リバウンドする理由として、
まず食生活が改善されないことです。

減量では
太る原因である食生活の乱れを改善することが基本なのに、
1食を置き換えることで、さらに食べる事が乱れてしまいます。

仮に痩せたとしても、
元の食生活に戻ったとたん…
言うまでもないでしょう。

置き換え減量で最も危険なことは、
極端な摂取カロリーの制限になることです。

1食置き換えれば確かにカロリーを減らすことはできますが、
一日1200カロリーなど最低摂取カロリーの食生活が続くことで
基礎代謝が低下します。

それで痩せたとしても、
体は逆に太りやすい状態になってしまいます。

だから減量後には
ビックリするようなリバウンドが襲ってくるのです。

しかも、
1食がコップ一杯のドリンク…
これでは満足できるワケがありませんよね。
食べれないことからストレスが過剰にたまり、痩せにくくなります。

そして、
その反動から
減量後に過食になる場合が多いのです。

改善されない食生活、
極端なカロリー制限による基礎代謝の低下、
ストレス…

みなさんどうですか?
置き換え減量で
理想の体をつくることができるでしょうか?


脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられる

脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられる

★メニュー

永久脱毛で無駄毛の心配はもう無い
お肌もキレイになる話題のハイパーショット脱毛
メリットがいっぱいの家庭用脱毛器がオススメ
脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられる
医療レーザーは毛根だけを破壊
ミュゼプラチナムと言えばリーズナブルが魅力
注目されている銀座カラーの全身脱毛コース
イーモリジュは圧倒的人気を誇る
フラッシュ脱毛と電気脱毛の違い
アフターケアで注意をしなければいけない脱毛


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)素晴らしい効果の脱毛と最高の脱毛エステ効果